塗装が必要な理由

新築から10年も経てば、塗装の必要性はかなり高まります。塗装が不十分であると、建物全体を腐食から守ることができず、外観も汚くて恥ずかしい思いをしなければなりません。マンションであれば10年ごとの大規模修繕を計画し、管理組合が積立金として日頃から修繕費用を徴収することが一般的ですが、戸建てにおいても同様のメンテナンスは欠かせないと考え、塗装費用やリフォーム代を捻出できるように準備することが大切です。

戸建ても基本的には10年のサイクルを軸に計画するのが望ましいと考えます。5年も経てば鉄と木は劣化して、相応の手入れが必要になりますが、最近はアルミサッシの部位が大半を占めるようになったため、10年を目安にしても差し支えないかと思われます。特に紫外線に晒される南側は劣化のスピードが速く、10年が限度とも言えます。

メンテナンスに当たっては必ず確認すべき箇所が幾つかあるので、ここで学んでおきましょう。先ずチェックすべきは屋根です。風雨を直接斥けてくれる尖兵でありながら、普段は覗くことさえ難しい箇所です。瓦を始めとする粘土系、トタン等の金属系、スレート系の三系統が主流で、いずれも葺き替えるか、塗り替えて補強しなければ、防水性が消失してしまいます。次に調べるとよいのは鉄部です。鉄、亜鉛メッキ鋼板、カラー鋼板、アルミ、ステンレス等の外装は、主に屋外の階段やフェンス、サッシ等に使用されています。とにかく錆が発生し易いため、10年で腐食します。金属製の外装材は塗膜の種類を調べ上げ、適切に処理してから塗装の仕様を選択することが肝要です。

塗る場所の確保

外壁塗装をするまえに、まず塗装に適した場所を確保しなければなりません。その時に、次のような条件を考慮してください。

第一に、塗る対象に合わせて十分な広さがあることです。小さな木工作品を塗る場合などををのぞき、多くは屋外での作業となるでしょう。同時にそこは、周囲を汚さないための養生をほどこすことのできる環境でなければなりません。次に風通しの良い場所を選ぶということです。風通しが悪いために乾燥が遅れ、日没が迫ってきたりすると、ますます条件が悪化してきます。そして、家族や近隣への配慮はもちろん必要です。多くの人は塗料の匂いを嫌います。マナーとしてはもちろんのこと、苦情を受けて作業が中断するようでは、外壁塗装の失敗につながります。これらの条件を考え合わせて外壁塗装をする場所を選びましょう。具体的には戸建て住宅なら庭やガレージ前、集合住宅ならベランダ等が考えられます。

リフォーム依頼の際の心得

リフォーム予定の有無に関わらず、今後リフォームする際に重視する点を聞いた調査によると、第1位は「価格の透明性・明朗さ」だったそうです。
その次に「説明のわかりやすさ・丁寧さ」 、次いで「価格の安さ」です。

依頼者の心理として、価格に関連する点が、業者選定の大きな要素になっているということがわかります。場合によっては100万円近くもかかるリフォーム工事ですから、少しでも安く、効果的な工事をしたいという願いは当然のことといえるでしょう。

リフォームの目的は、建物の老朽化で手入れが必要になった、内装やデザインに飽きがきた、卜イレや風呂、キッチンなどの設備が古くなって新しくしたい、子どもが成長して子ども部屋を増設したい、子どもが成長して家を出て行って夫婦二人が過ごしやすいようにしたい、バリアフリーにしたい等々、さまざまです。

いずれにしても、自分たちがどんなリフォームをしたいのかを明確にして、その方法について業者に相談するということが重要です。
業者に言われるままに、あれもこれもと積み増していくようなことになると、予算をオーバーしてしまったり、そんなはずではなかったという卜ラブルの原因になってしまいます。
ある意昧で、施主である依頼者が主体性をもっていなければ、「依頼者側の無知」を利用したトラブルを招く原因になってしまうのです。
なので、依頼をする際には、ある程度の知識が必要といえます。

汚染物質の分解と微生物の抑制

酸化チタンの光触媒は日本発の注目技術で、白色顔料としてよく知られた材料ですが、光触媒効果によって新たな用途が急速に拡大しています。

では、酸化チタンの光触媒効果とは?熱や光によって半導体になり、煙草のヤニ、アミンやアルデヒドのような悪臭物質等を分解し、カビ、大腸菌などに抗菌作用をもたらします。また、酸化チタンの表面は親水性なので耐汚染塗料としてとても有効です。

光触媒にはアナターゼ型結晶構造の酸化チタンを用いますが、塗料化する際、通常の有機ポリマーを用いるとポリマー自身が酸化チタンによって分解されてしまいます。なので水ガラスやシリコーン系、テフロン系などの分解されにくいバインダー=結合剤が選択されます。主にシラノールやアルコキシシランを反応させて得る無機バインダーが有力です。また、チタンのアルコシドやその水との反応物であるチタニアゾルを用いて、ガラスやタイルをコーティングし焼付ける手法もとても有効で、紫外線が当たる環境さえあれば光触媒は有効に機能します。

防腐剤、防カビ剤、除菌・殺菌剤、防藻剤を総称してバイオサイドと呼んでいます。これらの薬剤は微生物汚染を防ぐ効果があり、塗料にバイオサイドを加えることで抗菌、防カビ、 防腐、防藻塗料を作ることができます。
抗菌塗料に用いられる多くの有機薬剤は、効果が大きいものの長期にわたる持続性、人体への影響に難があり、現在は銀系の抗菌剤が多く用いられています。銀の抗菌メカニズムは明らかではありませんが、銀の触媒作用で表面近くの酸素が活性酸素に変化することなどによる、と考えられているようです。

外壁塗装の塗り方について

外壁塗装などの塗料を塗装する方法は、外壁塗装を直接被塗物に移行する直接法と、霧にして移行する噴霧法とに大別できます。各方法に属する塗装方法には長所、短所があり、適材適所に選択することが大切です。それは塗装の目的や使用する塗料の粘度、さらに被塗物の形状や大きさが異なるからです。

塗付け能力だけを取り上げると、作業スピードではカーテンフ口ーコーターやロールコーターが最も速く、はけ(刷毛)塗りは毎分約2㎡と遅いですね。しかし、前者は被塗物の形状に制約を受け平板状でなければ塗装できませんが、はけ塗りには自由度があります。複雑な形状になるとはけでも難しく、霧にして吹付けるスプレー塗装が有利になります。このスプレー塗装の欠点は噴霧粒子が飛散するため、塗着効率(塗料使用量の何%が被塗物に付着したかを表す割合)が悪いことが挙げられますが、静電塗装機の出現により塗着効率は大きく向上しました。

塗装に適する塗料の粘度についてみますと、カーテンフローコーター、ロールコーター、しごき塗りや浸せき塗り(ディッピング)には、高粘度(水の1000~15000倍程度)の塗料が適用可能です。はけやローラ塗りでは水の粘度の200倍程度までは可能ですが、高粘度になるほど作業性も悪く、はけ目が残ったりして仕上がり外観が悪くなります。一般の工アスプレー塗装では水の粘度の50倍程度までしか対応できません。

単に塗料を塗り広げるだけの操作は塗装とはいえません。出来上がった塗膜が被塗物に十分に付着し、期待された機能を果たすには、被塗面との聞にすき間があったり、塗膜に穴やはじきなどの欠陥があってはなりません。このことを念頭に置き、被塗物の形状や作業性、外壁塗装の粘度や乾燥性を考慮して、適切な塗装方法を採用することが大切です。

良い道具を長く使う

ハケの柄には「水性用」「油性用」など、使うべき外壁塗装が表示されています。これは毛の硬さ(弾力)が水性用は柔らかく、油性用は硬いという違いがあります。また、塗装面の広さによってもハケを使い分けます。同じ種類のハケでも価格の違うものがあり、これは品質の違いで、良いハケは塗り味が(塗りやすさ)が良く、抜け毛が少なく長持ちします。安価なハケはその逆で、つい使い捨てにしてしまうことが多いようです。やはり品質の良いものを選んで、長く使い続けた方が、結局は経済的です。

亜鉛メッキ面の種類

亜鉛メッキ面は鋼材に次いで,金属面の塗装素地としては多い
ものであるが,この亜鉛メッキ面においても,その方法とか亜鉛
メッキ面に対する処理の方法によって多くの種類があり,これら
の特性についても十分な理解が必要である。

亜鉛メッキ面の種類

溶融亜鉛メッキ鋼板は18G 3302 によって亜鉛の付着量が規定
され,その量によって耐食性が決定づけられる。
溶融亜鉛メッキ鋼板(薄板)は一般に亜鉛鉄板といわれるもの
で,その表面にはスパングルという亜鉛結晶の花模様があり,塗
料の付着性は一般に悪い。 合金化処理溶融亜鉛メッキ鋼板
溶融亜鉛メッキ鋼板のメッキ後に再加熱してメッキ層全体を
鉄一亜鉛の合金とした鋼板で,表面にはスパングルのない半光沢
灰色の状態をしており,塗料の付着性は一般に良好である。

塗装工事によって得られる生産物として

塗装工事によって得られる生産物としての塗膜は建設工事の他の工事と比較して多くの特性をもち,その特性が塗装の目的を達成するものであって,それを十分に理解した対応が必要であり,その特性を示すと次の事項があげられる。

① 塗膜はミクロの単位で巨大な建築物を美装,保護している:建築生産の中において,その生産物がミクロ単位でその目的を達成しているのは多くの建材の中で塗膜のみであり,1回塗りの工程で得られる塗膜の厚みは20-30ミクロンの単位であり,所定の塗回数を塗装しでも,100ミクロンの単位程度である。このことは,塗膜は非常に巨大な力をもっている反面,その塗装工事の良否が,端的に現れるもので,施工のときの管理が重要であるといえる。

② 塗装工事は,生産の場で,その形体を変化させる:建築工事の中でその生産段階で変化の大きいものは,コンクリート工事にならんでこの塗装工事であって,液体状態を固体状態に変化させるもので,すなわち,塗料という液体を塗装という生産行為によって,塗膜という固体に変化させるものであるが,この変化が自然の力である空気,熱エネルギ一等により,化学的または物理的に変化を生じさせ,目的の塗膜を得るものである。この変化を一般に乾燥・硬化として表現しているがこの場合においても,その条件は非常に多種多様で,それぞれの塗料に個性があり,それらに十分マッチした条件を与えていく必要がある。

③ 塗膜は有機化合物が中心である:建築工事において,有機化合物を使用する他業種には,防水等が加わってきたが,最も歴史があり,それなりに態勢がとられているのが建築工事である。

建築工事においては,コンクリート,鉄骨をはじめその主流は無機質が中心であるが,その中において最近は無機高分子とのハイプリッド化が開発されつつあるが,塗料が有機質の代表となっており,その生産における品質,工程,安全等の管理形体をはじめ,その取扱い自体が異なっている。

④ 塗膜はライフサイクルをもつがその目的達成は無限の力をもっ:工場で生産された塗料は建設現場等における塗装という生産行為によって塗膜が生産され,その目的を発揮しながら,耐久性を保持していき,表1-1に示す,1つのライフサイクルを描いていく。このライフサイクルにおいて,有機物である塗膜は必然的に耐久力に限界があり太陽エネルギー,雨,風等の外力により,劣化現象を生じていく有限なものである。

表装材と下地材の組み合わせ

湿度を対象にして壁に要求される役割は,一面では湿気を通過させないこと,一面では調湿性能の高いことが望 まれる 。つまり透湿抵抗が大きく 別(の言葉で言えば透湿係数が小さく)調湿性能の大きい (B値が小さくコンデ
ンサーの機能をもっ)壁装材料がよいということである。具体例をあげれば,不透湿性のビニル壁紙は透湿抵抗は大
きいが,調湿性能はほとんどない。一方,布製の壁紙はその反対で透湿抵抗は小さいが調湿性能をもっている。
次に下地材について言えば,せっこうボ ー ドは透湿抵抗が小さし調湿性 能もまた小さい。一方,木質系の材料
は透湿抵抗が大きく調湿性能も大きい。ただし薄いと効果は小さい。つまり材料により ,厚さによって,それぞれの材料ごとに特徴があるということ である。