家電と塗装

飛行機や、電車などをしっかりと塗装することは、日常では考えられない強度に耐え得るものである、という大前提があるわけですが、それは、家電製品などを塗装する場合も、同様で、例えば、冷蔵庫などの場合には、年間に数百万代は生産されており、長く使われる架電の一つであるという風に、言ってしまっていいかもしれません。昭和の時代から、平成の時代にかけて、冷蔵庫は一家に一台あるのが当たり前であるというふうに、考えられるようになってきており、食品の衛生、生鮮食品の保存などに、必ずと言っていいほど使われるようになってきた、という風に言っていいかもしれません。実際のところ、このような冷蔵庫というものは、塗装が重要なポイントを占めており、大きいものであるために、塗装が難しいという面はあるのかもしれませんが、それを差し引いても、白物家電の中では、かなり特殊な存在であるという風に言ってしまっていいかもしれません。実は、冷蔵庫などを工場などで作る際には、平坦な銅版に塗装をしてから、折り曲げるなどして作成することが多い、という風に言われているようです。このようにすると、組み立ててから、複雑な断面などに塗装をする、という手間が省けるのはもちろんのこと、なるべく伸縮性があると草を使うことで、ひび割れや歪みなども防ぎながら、簡単に加工をすることができるという点も、大きなメリットとして挙げられていることは、間違いないという風に言えるのではないか、と考えられます。 実際のところ、冷蔵庫の加工を行う際には、薄く伸ばされた鉄板を、何度も何度も移動させながら、印刷をするかのように塗装していきペイントを施していくわけです。電車や、車や、飛行機などと同じように、下塗りや上塗りのような、複雑な工程を経るのはもちろんのこと、ある程度サイズが小さいものであるため、焼き付けてしっかりと塗装を付着させたりすることもある、という風に聞いたことがあるわけです。焼き付けた後には、急激に冷却をするなどして、しっかりと固定を測るわけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です