航空機と塗装

飛行機の塗装というものは世界でも類を見ないほど特殊なものである、というふうに言われることも多いようで、電車や車の塗装と大きく異なるのは、飛行機の場合には、およそ、5年ほどで、航空機の機体にひび割れや異常などがないか、を確認するチェックが入る期間があるため、なるべく、簡単に、塗装を剥がせる必要があるというわけです。とりわけ、小さな事故が起きたりした場合などには、なるべく塗装を剥がして、チェックをすることが必要になってくることは、容易に、想像できるため、高温や黄色に耐えられるのはもちろんのこと、剥離剤のようなものを使って、塗装を簡単に剥がすことができるかどうか、という点も、大きなポイントであるという風に言えるわけです。ペイントリムーバーと呼ばれるものは、一般的な塗装を行っている職人の人でも、使うことが多い、という風にも言われておりますが、航空機などの場合には、特殊なもので剥がすことになるようです。シンプルに言ってしまえば、油に強い塗装でありながらも、専用の油を用いたペイントリムーバーには弱い、という塗装を作る必要があるため、やや、矛盾した物を作らなければならないという点も非常に困難であったという風に言えるわけです。このため、完成品というものは、ほとんど存在せず、物理的な強度を保ちながらも、なるべく剥がしやすいペイントを作り続けるという、使命を帯びているという風に言えるかもしれません。とりわけ、大きな事故などが起こった際には、塗装なども、批判の的になりかねないという点を考慮すれば、非常に責任を伴う仕事である、という風に言えるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です