実際の塗り方について

塗料を実際に塗るという風になった際には、直接保存している場所から、目的物へと乗り込む方法もあれば、液体であればスプレー状にして拭きかけるなどして、付着させる方法の大きな二パターンがあるという風に言えるかもしれません。どちらを気分によって選べば良いというわけでは決してなく、どのような目的をもって、塗料を使うのかということによっても、大きく分かれると思います。適材適所という言葉は、ここでもしっかりと活かさなければならないでしょう。塗装の目的はもちろん、使用する環境や気温や温度、それから求められている塗料の粘度や目的物の大きさや、形重さ周辺に何があるかという点まで、気を配った上で塗装を行わなければならないということを常に覚えておくことが必要ではないでしょうか。簡単に言ってしまえば塗り方に関して言うと、ハケで塗る場合にはある程度を平坦なものには非常に塗りやすく塗料を均一に塗り拾えることができるため、長所を活かしやすい部分であるという風に言えるかもしれません。一方で、非常にでこぼこが多い複雑な形をしたものであるような場合には、スプレーで吹きかけた方が隅々まで届きやすく、また均一に加工をすることが可能です。結局のところ適切な塗り方をきちんと使わない限りは、塗料が無駄になってしまうというようなケースはなくならないという風にも言えるかもしれませんし、刷毛で塗るのかスプレーで塗るのかということも含めて、臨機応変に合わせながら使っていくということが重要だと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です