塗装が必要な理由

新築から10年も経てば、塗装の必要性はかなり高まります。塗装が不十分であると、建物全体を腐食から守ることができず、外観も汚くて恥ずかしい思いをしなければなりません。マンションであれば10年ごとの大規模修繕を計画し、管理組合が積立金として日頃から修繕費用を徴収することが一般的ですが、戸建てにおいても同様のメンテナンスは欠かせないと考え、塗装費用やリフォーム代を捻出できるように準備することが大切です。

戸建ても基本的には10年のサイクルを軸に計画するのが望ましいと考えます。5年も経てば鉄と木は劣化して、相応の手入れが必要になりますが、最近はアルミサッシの部位が大半を占めるようになったため、10年を目安にしても差し支えないかと思われます。特に紫外線に晒される南側は劣化のスピードが速く、10年が限度とも言えます。

メンテナンスに当たっては必ず確認すべき箇所が幾つかあるので、ここで学んでおきましょう。先ずチェックすべきは屋根です。風雨を直接斥けてくれる尖兵でありながら、普段は覗くことさえ難しい箇所です。瓦を始めとする粘土系、トタン等の金属系、スレート系の三系統が主流で、いずれも葺き替えるか、塗り替えて補強しなければ、防水性が消失してしまいます。次に調べるとよいのは鉄部です。鉄、亜鉛メッキ鋼板、カラー鋼板、アルミ、ステンレス等の外装は、主に屋外の階段やフェンス、サッシ等に使用されています。とにかく錆が発生し易いため、10年で腐食します。金属製の外装材は塗膜の種類を調べ上げ、適切に処理してから塗装の仕様を選択することが肝要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です