リフォーム依頼の際の心得

リフォーム予定の有無に関わらず、今後リフォームする際に重視する点を聞いた調査によると、第1位は「価格の透明性・明朗さ」だったそうです。
その次に「説明のわかりやすさ・丁寧さ」 、次いで「価格の安さ」です。

依頼者の心理として、価格に関連する点が、業者選定の大きな要素になっているということがわかります。場合によっては100万円近くもかかるリフォーム工事ですから、少しでも安く、効果的な工事をしたいという願いは当然のことといえるでしょう。

リフォームの目的は、建物の老朽化で手入れが必要になった、内装やデザインに飽きがきた、卜イレや風呂、キッチンなどの設備が古くなって新しくしたい、子どもが成長して子ども部屋を増設したい、子どもが成長して家を出て行って夫婦二人が過ごしやすいようにしたい、バリアフリーにしたい等々、さまざまです。

いずれにしても、自分たちがどんなリフォームをしたいのかを明確にして、その方法について業者に相談するということが重要です。
業者に言われるままに、あれもこれもと積み増していくようなことになると、予算をオーバーしてしまったり、そんなはずではなかったという卜ラブルの原因になってしまいます。
ある意昧で、施主である依頼者が主体性をもっていなければ、「依頼者側の無知」を利用したトラブルを招く原因になってしまうのです。
なので、依頼をする際には、ある程度の知識が必要といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です