良い道具を長く使う

ハケの柄には「水性用」「油性用」など、使うべき外壁塗装が表示されています。これは毛の硬さ(弾力)が水性用は柔らかく、油性用は硬いという違いがあります。また、塗装面の広さによってもハケを使い分けます。同じ種類のハケでも価格の違うものがあり、これは品質の違いで、良いハケは塗り味が(塗りやすさ)が良く、抜け毛が少なく長持ちします。安価なハケはその逆で、つい使い捨てにしてしまうことが多いようです。やはり品質の良いものを選んで、長く使い続けた方が、結局は経済的です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です