表装材と下地材の組み合わせ

湿度を対象にして壁に要求される役割は,一面では湿気を通過させないこと,一面では調湿性能の高いことが望 まれる 。つまり透湿抵抗が大きく 別(の言葉で言えば透湿係数が小さく)調湿性能の大きい (B値が小さくコンデ
ンサーの機能をもっ)壁装材料がよいということである。具体例をあげれば,不透湿性のビニル壁紙は透湿抵抗は大
きいが,調湿性能はほとんどない。一方,布製の壁紙はその反対で透湿抵抗は小さいが調湿性能をもっている。
次に下地材について言えば,せっこうボ ー ドは透湿抵抗が小さし調湿性 能もまた小さい。一方,木質系の材料
は透湿抵抗が大きく調湿性能も大きい。ただし薄いと効果は小さい。つまり材料により ,厚さによって,それぞれの材料ごとに特徴があるということ である。

表装材と下地材の組み合わせ」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です