湿気について

私たちが暮らしの中で,かなりの量の湿気を出しています。水蒸気の発生源である石油ストーブの上にヤカンをのせて,湯気を出して湿気を補うなどは誤解である。家の造り方とともに,暮らし方もよく考えなくてはならない。 気温が10度以下になると ,わずかの温度差でも相対湿度が急に高まって,結露を引き起こすことがあるので特に注意したい。暖房を止めても10度以下にならないような断熱対策が望ましい。暖房を止めたら除湿器を働かすことも考えてよいことであろう。特に水蒸気を多量に発生する浴室や厨房では, できるだけ水蒸気を戸外に排出するとともに,隣室や上下階に湿気が拡散しないように,なるべく表面近 くに防湿層を設けるのがよい。木材のような吸放湿の能力の大きい仕上げ材が使われた場合でも,壁内にまで湿気が通らないように十分な厚さと,確実な目地処理が必要である。厨房は水蒸気を発生するだけでなく,浴室よりも温度が上がりやすいから,タイルや金属板などの熱伝導のよいものより ,断熱性のある合板やせっこうボードの上に不透湿性のビニルクロスを張ったものの方がよい。

水蒸気を室外に排出するだけでなく,室内の空気を流動させて,温度を均一化する効果がある。壁際に家具を密着させて置くと壁にカビが発生しやすいが,これは空気が停滞して壁温が上がりにくいためである。同じことは,聞いたままのドアと壁の間や,ひき寄せられたカーテンの裏などにも生じやすく,部屋の入り隅なども空気が停滞するので,結露したりカビが生えたりする。特に夏には室温は高くても,壁面の温度は上がらないのでトラブルが起こる。 外断熱にした RC造の建物などは,冬には内壁面も暖房で暖まるので,暖房を止めてから後も結露しにくい状態にあるが,夏には逆に冷えているので,結露の原因になることが多い。押し入れは,湿気をたっぷりと吸った寝具が入れられるうえに,空気もよどみ,外壁に沿っているので,よくトラブルが起こる。設計するときに間仕切り家具として,外壁に沿わないよう配置すればトラブルは避けられます。